毎月更新!事務所からのお知らせ
経営アドバイス・コーナー
石田貴也税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
中国税理士会所属
お気軽にお問合せください。
石田税理士事務所
TEL:0846-22-9586
isidazeirisizimusyo@tkcnf.or.jp

お知らせ

9月の事務所予定

 7月豪雨爪痕の復旧。現場を見て・そして当日の話を聞いて災害の大きさを実感していますが、日々復旧出来つつあることには力強く感じます。インフラ関係も思った以上に回復していますが、あくまで原状回復で19・20号の台風が来ると一挙に心配が先に来ます。安心の出来る社会の大切さを実感してます。

 今月は7月決算法人の申告月になりますが、先月に発表のあった申告書等の提出及び納付の期限延長によって、竹原市・東広島市等の指定地は今月も提出等は延びます。なお、今次の特例を利用しますと、竹原市等指定地域については延長、大崎上島町は普通どおりとなり、月次決算そして平常業務にも支障が出てきますので、石田税理士事務所では先月と同じように、平常月どおりの申告スケジュールでお客様と接触していきます。その中での支障等について個々の相談で進めて行きますのでよろしくお願いします。

 先月は何件かのお客様から納税を延長したいとの申し出もあり、納付書の納期限日を変更してお渡ししています。期限延長を利用される場合の納付書変更は、遠慮無くお申し出ください。

 先月の相談で、「今期の決算もほぼ計画通りの利益を出したのだが、お金がどうも足らない。利益はどこへ行っているのでしょうか」。現在、お客様の67.6%がTKCソフト「継続マス」を利用して長期・中期・短期予算を作成して、この数値を企業の目標として各期頑張って事業を経営されていますが、利益目標の起て方は色々です。今回の相談を受けた企業の予算は、「今年度は○○円儲けを出したいから、売上高は○○円、限界利益率は○%そして固定費は○○円」と作成しています。一方の企業では「借入金返済が○○円必要だから、売上高は○○円・・・・」と予算を組まれています。当然に、後者の予算計画は相当に高い計画になります。何を目標値に置くかで予算計画も大きく変わることを納得していただきました。 

 以上のことから、8月に新しい事業計画書が作成できました。借入金返済額と、この原資(利益)に必要な納税額等を計画に組み込みました。当然に売上目標額が増加した計画になりますので、役員報酬の減額も決議していただくことになりました。

 今月後半にTKC秋期大学が開催されますので、所長は19~21日参加のため事務所不在になります。また、会長は税理士会竹原支部の研修旅行へ参加しますので25.26日不在になります。         

税務署の調査動向は

 定期異動が終わるとともに税務調査がスタートしますが、今年は7月豪雨が影響しましたので、指定地域は当面の間税務調査は着手しないとの噂が入ってきています。申告・納付も延ばしていますので、税務調査の着手も当然に延ばすとのことです。そのとおりと思えることに、竹原市内での調査着手の話は他の税理士からも聞きません。石田税理士事務所にもありません。

 しかし、大崎上島町では税務調査の話をよく聞きます。そして、今治税務署は普通どおりに税務調査は行われ、事務所でも1件所得税調査が入りました。所得税については申告是認の通知を頂きましたが、源泉所得税に未納付があってお客様には納税をお願いしました。なお、書面添付が出来てないクライアントでした。


会長のつぶやき

 しばらく我らがカープの私説解説を行っていないことに気づく。なんやかんや言いながらもマジックが点灯したのだから、間違いなくカープは強い。ただし、畝コーチは昨年から続けて最悪。リリーフ陣の火の車は前期から解っていたろうに、今季も全く進歩がない。いつも手帳を持ってスコアーを記録するだけで、マウンドへ出ても芸も全くない。2軍で頑張って貰うと言う前に、カープの応援歌ぐらい歌って戻れ、と言いたい私。

 来月に入り、日本一の話とともに丸の去就が話題になってくると、どうしましょう。     

 盆休みを利用して、高野山詣りに。一部の人だけが知っているという8月13日だけに開催される「ろうそく祭り」を知ってる人から話を聞いて、行ってみようかと。数か月前から宿坊を予約しようとするが、希望のほとんどの宿坊は空きが無い。あきらめずに探してみることは大切で、祭り会場前の最高宿坊をゲットする。夜7時とともにろうそくをいただき、奥之院参道へ入る。参道にはどこから湧いてきたのか、人ばかりで万人は超えているのでは。人だらけの参道に1本・1本とろうそくに灯が燈し出す。途中では追加のろうそくをいただいては点燈、時間とともに真っ暗な参道が浮き出されていく。時間を忘れてこの世でないような情景に感動。

 せっかく関西に行くならと、大阪では大阪城・道頓堀・通天閣・阿倍野ハルカスと2日で4万歩、歩いて歩いて汗だらけ。着いてまずはたこやき・お好み焼きを食し、二度づけ禁止の串揚げと食道楽。最後は最近のパワースポットさむはら神社へ参拝して帰途へ。

 宿坊でも外人さんが半分以上、道頓堀を歩いてもほとんどの人は外人さん。これが現在の日本かと感心しました。

  

 

      

 石田貴也(所長税理士)の独立について

 石田貴也は29年12月1日から独立して、同所にて「石田貴也税理士事務所」を開設しました。

これまでの石田憲治税理士事務所は現在も継続していますので、それぞれが独立した税理士事務所を設置することになりました。いずれかは事業承継が必要になりますが、お客様の現状を問題なく引き継ぐ為には何が良いのかを相談し、このたび二事務所体制を決めまたところです。

 今後は「石田貴也税理士事務所」を主体に石田憲治は応援する体制になります。したがって、お客様につきましては 12月1日からはお手数ですが、石田貴也との顧問契約を新たにお願いいたします。新たな契約書については担当者等を経由して締結をお願いしています。

 また顧問料につきましては、「石田貴也税理士事務所」の新たな預金口座へお振り込みをお願いします。

 バックナンバー

 2018年

 2017年

 2016年